結婚式に二連のパール(真珠)ネックレスは大丈夫?

 結婚式に二連パール

フォーマルにぴったりの上品な真珠ネックレスですが、結婚式といったお祝いに「2連」や「3連」使いは大丈夫?と心配される方も。

特に結婚式は、人生1度の幸せの瞬間です。そんなイメージから、お祝いごとに、連が重なる2連や3連は、良くないのではと深い配慮で考えられての事だと思います。

パールの一連、二連という考え方は、「喪・仏事」のマナーなんです。喪の場面では、アクセサリーを控えるのが基本ですが、真珠の涙ともいうように、涙をあらわす「真珠」のネックレスだけが唯一 喪の場面で許される事となったようです。喪・弔事の場面では、真珠ネックレスは、必ず1連(一本付け)です。2連や重ね付けは、不幸を繰り返さない・重ならないという意味からタブーとなっています。

けれども、お祝いの席では、そのようなマナーはありません。花嫁さんもお呼ばれの列席者さんも、2連ネックレスで大丈夫なんです。もちろん1連ネックレスでも OK。同様に、その子その子一度きりのお祝い行事である「お宮参り」や「七五三」「入学式・入園式」のママのパールの2連も大丈夫です。