コサージュの付け方

コサージュを付ける位置

コサージュの付け位置に、特に決まりはありません。一般的なのが胸のあたりに付けるスタイルです。襟のあるジャケットならば、胸近辺の襟部分に付けるのが、一番オーソドックス。

その場合、付けるのは 「左か右か」、そして 「どの高さか」、悩むところです。一般的には、コサージュは「左胸に付ける」と言われています。その理由は、見る人の視線は右に抜けていく性質があるため、(付ける人にとっては左側なので)左胸に付けるようになったとか。

確かに、アクセントとなるコサージュを見て、視線がスッと右上方向に抜けて行ってくれれば、コンプレックスカバーにも一役買ってくれそうです。

ただし、本来は、着るスーツのシルエットや、アクセサリーとのバランスを考えて自由にアレンジを楽しんで良いのだそうです。

そして、「付ける高さ」は 女性の場合は胸よりもやや上位置、鎖骨を中心とした高い位置に付けると、視点が集まる位置も自然と高くなるために、すっきりと見えるそうです。(これも、服のデザイン、ジャケットのエリの形にもよりますが)

コサージュの向き

茎が下向き、とか上を向くように・・・とか言われる場合もありますが、それはコサージュの形によるそうです。バリエーションとしては、見せたい花が上で、茎が下を向くように付けるデザインのものが多いといわれますが、正式な決まりはありません。また、留める金属ピン上向き下向きも決まりはありません。

悩んだ場合は、コサージュがきれいに見えて、より素敵に見える向きを選んで付けると良いようですよ・・・

※コサージュのつけ位置決定は、実際に服を着用して鏡で全身像をうつしながら決定するのが おすすめです。平置きやハンガーにつるした状態で決めても、着用してみたら しっくりしなかった・・・なんて場合場あります。

コサージュを、狙い通りの位置に上手に付けるコツ♪

安全ピン式になっている 通常のコサージュは、留めること自体は簡単ですが、コサージュによっては、お花モチーフなど 多少の重みがあります。それなので、コサージュによっては、傾いてしまったり ぐらついて思った場所に付けにくかったりします。そんな悩みを解消する コサージュテクニックを紹介。

コサージュが、上手く止まらない訳は コサージ・ピンと生地の隙間が原因です。できるだけピンと洋服の隙間を少なくするように留めるのがコツです。具体的には

ピンにはさむ生地は、できるだけ沢山すくうようにする

お洋服にピンで穴をあけるコサージュ、ついためらいがちに針をさしてしまいますが、生地を少なめにして 不安定なコサージュを付けると、かえって生地を傷めてしまうことにもなりかねません。ピンには、多めに生地をさしましょう。

どうしても安定しない・・・という場合の応急処置

洋服の裏に当て布をして、ピンをさすところに厚みをもたせてみてください。当て布の大きさは、ピンを挿せればいいので、ピンの大きさより気持ち大き目位の小さなものでOK。

是非、お試しくださいな!

関連記事 あわせてどうぞ♪