結婚式・披露宴 の ドレスコード

結婚式・披露宴のドレスコード

結婚式や披露宴のドレスコードは、3つ。

正礼装(正礼装・フォーマル)、準礼装(セミフォーマル)、略礼式(インフォーマル)。正礼装が一番格が高く、略礼装が一番軽装のフォーマル・スタイルです。

正礼装(正装・フォーマル)

格式が高いこの服装は、結婚式においては、花嫁花婿と その両親、そして仲人さんのスタイル。仲人さんは、花嫁花婿、そしてその両親と服装の格を合わせます。一般的に、参列者の服装としては、ふさわしくありません。

 

準礼装(セミフォーマル)

結婚式や披露宴に招待された側の服装として、一般的なのが このスタイル。ホテルでの結婚式の場合は、特に指定がない場合は、このスタイルがおすすめです。

結婚式には、ワンピーススーツが、着やすく ジャケットを脱いでも着くずれの心配がなく、おすすめです。

 

略礼装(インフォーマル)

アットホームなレストランでのカジュアル・ウェティング、「平服で」と指定のあった場合などには、略礼装の装いをします。略礼装は、セミフォーマルほど 堅苦しくない、ちょっと おしゃれスタイルといった服装です。

具体的には、ワンピーススーツやスカートスーツ、パンツスーツ。あるいは、ワンピース、スカート、パンツの単品使いでストール・ボレロなどを合わせて使うのもおしゃれ。スカート丈は、膝丈周辺の重々しくないスタイルで。

 

 



フォーマル場面での、ドレスコードの読み方

 結婚式やパーティーの招待状のドレスコードの読み方について。

ホワイト・タイ(燕尾服)やブラック・タイ(タキシード)の指定は、男性の服装の指定ですが、女性のドレスコードは、男性のドレスコードに従うのがルールです。

「ホワイト・タイ(white tie)」や、「正装」とあれば・・・正礼装

「ブラック・タイ(black tie)」や「セミフォーマル」とあれば・・・準礼装

「インフォーマル(informal)」や「平服」とあれば・・・略礼装

です。