フォーマルの基本

フォーマルの装いは、格式によりスタイルを、『正装』・『準礼装』・『略礼装』の3つに分け、それに着用する時間帯「昼」・「夜」を考慮して決めます。時間帯の区別は、日没の時間に合わせて午後5時から6時位を境に決めます。

この服装の格式は、招待状があるパーティー・結婚式なら、「ドレスコード」として指定されているのが一般的です。

正礼装(フォーマル) 

最も格の高い礼装スタイル。皇室行事や叙勲、主賓、結婚式での新郎新婦などの服装で、あまり一般的ではありません。

準礼装(セミフォーマル)

正礼装に準じた装いで、現在では最も主流なスタイル。結婚式に招待された場合や、入学式・入園式・卒業式・七五三・お宮参りの装いなど、一般的なフォーマルは、ほとんどが この準礼装と言えそうです。

略礼装(インフォーマル)

友人に招待された、レストランウエディングなど、格式ばらない結婚式や披露宴などでの装い。カジュアルではないものの、より おしゃれ着的な感覚の装いです。招待状に、「平服で」と指定されている場合は、このインフォーマル・スタイルのことを言います。