スーツと靴の合わせ方 3つの方法

 やっぱり悩むのが洋服と靴とのコーディネート。

服と靴の色合わせ・コーディネートにお役立てください。私が考える 靴の合わせ方、3つの方法をご紹介します!

crown-1.gifスーツやドレスと同調的な色合いにする

 スーツやドレスの色合いに同調する、マッチした色合いを合わせる方法です。何色の服には、何色の靴が合うとか いうやり方です。合わせる人の感覚や好みに左右される部分でもあり、簡単に思えても実は、とても悩むのがこれですよね!

 (参考)服と靴の色合わせ

   ⇒白・アイボリーの服に合う靴の色

   ⇒ピンク系の服に合う靴の色

   ⇒グレー系の服に合う靴の色

   ⇒ベージュ系の服に合う靴の色

crown-2.gifスーツやドレスに部分的に使われている配色・柄の色と合わせる

この方法は、絵画と額縁の合わせ方と似ています。洋服が絵画、バッグや靴が額縁と考えてみて下さい。

例えばワンピースが柄物プリントだった場合、柄に使われている ある色に靴やバッグの色を合わせてみると 華やかになりつつも、とても統一感があっておしゃれです。最近トレンドの上下色を違違えたスーツ(例えば、ジャケットが白でスカートが黒など)の場合は、ジャケットあるいはスカートどちらか一方の色と靴やバッグを合わせても素敵です。

また、服地に限らず、スーツに付属として使われているポイントとなる小物(ベルトやコサージュ、リボンなど)の色と バッグ・靴両方もしくは、いずれかを合わせることも考えられます。

より、シックな装いにしたいなら、服地のベースカラーと同調的な色合いにすると 上品です。(1のスーツやドレスと同町的な色合いにする方法と同じになります。)

crown-3.gifスーツやドレスの挿し色として合わせる

靴を全体のさし色として合わせる方法です。

ベーシック・ニュアンスカラーのスーツやドレスには、発色の良い色合いの靴、逆に発色の良いスーツやドレスには、ベーシックもしくは ニュアンスカラーの靴を合わせると素敵です。

この時に注意したいのが、挿し色とするもの・アイテム以外は、同調的な統一感をもたせること。

ただ、この方法はちょっと難しいです。靴だけが、目をひいてしまう・悪目立ちなんてことにならないように、鏡の前で要チェックです。

checkbox-7.gifなお、靴とバッグの色を合わせると統一感が出ると一般的に言われています。

ただし、合わせる服によっては、濃い色合いのバッグや靴は強い印象に、薄い色のバッグや靴はボケた印象になってしまう場合もあるので 実際に合わせてチェックしてみる事が大切です(*^_^*) そんな場合は、靴かバッグ、どちらか一方の色をチェンジしてみると緩和されます。