靴やバッグを挿し色にする方法

靴とバッグのコーディネート法には、「靴やバッグを挿し色として使う方法」もあります。

キレイな色合いのバッグをお持ちなら、試してみたい方法です。なお、フォーマルでは、挿し色として使うのは、バッグ単独の方が落ち着いて見えます。

靴は、できるだけ服と同調した雰囲気のものを選ぶようにします。

 

▼具体的には

ベーシック・ニュアンスカラーのスーツやドレスには、発色の良い色合いのバッグ、逆に発色の良いスーツやドレスには、ベーシックもしくは ニュアンスカラーのバッグを合わせると素敵です。

この時に注意したいのが、挿し色とするもの・アイテム以外は、同調的な統一感をもたせること。特に、靴はスーツやドレスと濃淡は異なれども同じ色合い、もしくは同調的な色合いのものを選ぶのがポイントです。

 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.formal-manner.com/mtos/mt-tb.cgi/147

コメントする