心理学(錯視)の手法

スタイル良く見える着こなし基本(切り替え)

すっきりスタイル美人に見えるには、「デザイン・形」に着目して選んでみるのも良い方法です。

服のデザインには、人の「目の錯覚」を利用したデザインもあります。アパレルメーカーやブランドのそれぞれの工夫です。ちょっと知りたいと思いませんか。 「スーツ(服)のラインの切り替えの視覚的な効果」についてお話します♪

すっきりとキレイに見せるために、特に効果的なのが 縦のラインの切り替え線と言われています。

wanpi-kirikaesen.jpg



「ミュラー・リヤー錯視」スタイル良く見せる魔法のデザイン

首回り(胸まわり)の V字スタイルを作ることを意識してみる

スーツなら、襟付きのテーラードジャケットが良い例です。V字(Vネック)の鋭角的なシルエットは、首から胸、ウエストにかけてを すっきりシャープに見せてくれる効果があると言われています。

結果として、顔も小さく、体型も細く見せる事ができてしまいます。これは、デザイン的に言えば、目の錯覚を利用したものなんですよ♪

下の画像を見て下さい。直線の長さは同じで、先端に付いている矢の長さも同じです(矢の向きだけが違うんです)。どちらの直線が長く見えるでしょうか?右の方が長く見えませんか。

m-sakushi.jpg

 


スタイル良く見せるコツ-隠す+視線を他に集める

 コンプレックスに感じる体型・部分がある場合、それを「見せてしまう」という選択肢もあると思いますが、大人の女性のファッションの場合は、「隠す」 そして、更にそこから「視線を他の部分に向けさせる」という2段構えが スタイル良く見せるには有効な手段だと思います。

特に、胸から下のコンプレックスに関しては、かなり良い方法だと思います。


縦縞と横縞どっちが細く見えるのか?

縦縞が細く見える、いや横縞の方が細く見える・・・と色々な言い方がされますが、どちらが正しい?

実は、どちらも正解です。どちらも、一定の条件がそろった場合に効果が発揮されます。

▼縦縞が細く見える条件

縦に長い服は、縦縞の方が細く見えます。スーツを含め、洋服は縦長の長方形に近い形です。それなので、ほとんどの場合、縦縞ストライプの方が細長く見えます。

▼横縞が細く見える条件

正方形に近い形の服は、横縞が細く見えます。

これは、いわゆる「ヘルムホルツの正方形」の話です。

helmhorz.jpg

どちらの正方形が細く見えるでしょうか?右の正方形の方が細く見えませんか。

これは、繰返しの連続がつくり出す目の錯覚で、「正方形という限られた条件下」では、縦じまよりも横じまの方が、細く見えてしまうというものです。

それなので、正方形に近い形の服(例えば丈の短いトップスやミニ丈のパンツなど)を選ぶ場合は、横ボーダーの方が細くスリムに見えてしまう場合があるということを証明しています。

 


スリムに見えるスーツ選びのコツ-「織柄」を使う!

スタイル良くスリムに見せたい時に、利用してみるべきなのが「生地」の特徴である折り柄。フォーマルスーツやビジネススーツだと、柄物は取り入れにくいので、生地の織柄や質感で選ぶのがコツ。

スタイルが良く見える フォーマル・スーツ おすすめの生地(織柄)は、何と言っても「シャドウ・ストライプ」です。

シャドウ・ストライプ(シャドー・ストライプ)とは、織糸の方向を変えることでストライプ柄に見える生地柄のことで、一見すると無地に見えますが、光の加減で「ストライプ柄」がうっすらと浮き出る生地です。独特のツヤ感があるので、上質なビジネススーツから、フォーマルスーツまで幅広く使われています。

(画像)シャドーストライプの生地