スタイル良く見えるスーツの形(ライン・シルエット)

スーツにも輪郭があります。スタイル良くスーツやドレス・服を着こなすためには 服の輪郭にあたる「シルエット」選びも重要なポイント。なりたいイメージにあったシルエットのスーツを選びが始めの一歩。

シルエットがどう見えるのかを知ろう!

大人の女性向けに 上品にそれでいて、スタイル良く見えるスーツのラインとして、おすすめなのは

「I ライン」と「X ライン」、そして「Aライン」がおすすめです。

以下 少し詳しく説明します

I ラインとは?

I ラインとは、ストレートラインとも言い、「I (アイ)」 の文字通り上下の細長いシルエットを強調した 長方形シルエットの服のデザインを言います。

I ラインは、すとーんとした縦長のすっきりとしたシルエットなので、体のラインを縦長で細くすっきり見せる効果があります。メリハリをつけるためにウエストより少し高めの位置に、ベルトでウエストマークしたり、小物使いのアクセントを付けてより抑揚をつけた着こなしが さらにこのシルエットに磨きをかけます。

下の画像は、Iラインを上手に利用してコーディネートした一例。

ストールとネックレスで上手に視線を上に集めています。

X ラインとは?

X ラインとは、きゅっと細くなったウエスト、裾に広がったスカートといったイメージのX字型のシルエットの服のことをいいます。ウエストを細く見せ、メリハリをつけることで、スタイル良く見える効果をねらったデザインです。女性らしく、ちょっと甘めのフェミニンなスタイルなら X ラインがおすすめです。

 

A ラインとは?

Aラインとは、A(エー)の字型のシルエットの服のこといいます。上部が小さくコンパクト、裾に向かって なだらかに広がるシルエットのことをいいます。(Aラインは、クリスチャン・ディオールが発表したドレスのシルエットが始まりです。)

Aラインは、上半身がコンパクトでありながら 裾に向かって広がるデザインのため、おなか回りや下半身のボリュームを 隠すことができる効果が期待できます。上半身のコンパクトさを強調して欠点を隠す見本のようなシルエットです。

 

<上記スーツ お問い合わせ>

リオマル