真珠ネックレスの長さ 決め方・選び方

真珠ネックレス、一番のおすすめの長さは?

フォーマルに、最も使いやすい「真珠ネックレスの長さ」は、プリンセスといわれる長さ。一連使いで40センチ前後のものです。一番最初に買うファーストパールなら、この長さがおすすめ。

40センチ"前後"というのは、スクラブ・留め具によって、そしてお店屋さんによっても長さが微妙に違うからです。留め具も含めて、「42~43cm」あたりが最もポピュラーな長さです。

この長さは、真珠(パール)が軽く鎖骨にかかる位の長さで、スーツスタイルでも、またカジュアルスタイルでも、女性の首周り、胸周りをきれいに見せてくれる おすすめの長さです。首が太い・短い方は、若干長めにすると首がすっきり見えます。

次におすすめの長さは?

華やかなパーティーや ちょっとした おしゃれな服装に合わせやすいパールの長さです。参考にしてみてください。

チョーカー CHOKER (35㎝前後)

首元にぴったりした長さのネックレス。首の細い華奢な感じの方にとても良く似合う長さです。犬の首輪みたいに見えることから、別名「ドッグカラー」とも。

マチネー MATINEE  (長さ52~60㎝前後 だいたい女性のトップバスト位の位置にくる)

マチネーとは、フランス語で"午前中"とか"(劇場などの)昼公演"を意味する言葉で、夜のパーティーほどの格式ではなく、ドレスやワンピースにおしゃれに装いたいときに付けるネックレスの長さです。

オペラ OPERA (長さ75~80㎝位)

オペラを観賞するためのドレッシーな衣裳に合う長さという意味でオペラと名付けられたと言われています。オペラと言えば、本格的には夜公演、夜会用の礼装向けの付け方です。

ロープ ROPE  (長さ107~120㎝位)

プリンセス・スタイルの長さの3倍にもなる長さで、2連や3連にして着ける事が出来てバリエーションを出せるので、フォーマルシーンに合わせて工夫して使える長さとして重宝されているスタイルです。

 

フォーマル関連記事 あわせてどうぞ♪