入園式・入学式にママが着物を着る場合

入園式・入学式にママ・母親が着物を着る場合、どんな着物を着れば良いか、ふさわしい着物スタイルについて。

和服にも、フォーマルにふさわしい格があります。

着物の格は、着物の種類だけでなく、紋の数や合わせる帯により決まりますので、必ずこうとは言い切れませんが、一般的に、入園式や入学式にふわさしいのは、以下です。

  どんなスタイル?   イメージ
訪問着

訪問着は、留袖や振袖の次に格の高い着物として、既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着る事が出来ます。

用途も広く、入学式以外にも、結婚式やパーティーなどで着る事が出来ます。

準礼装としては、3つ紋を入れますが、一つ紋の方が使いやすい場合もあります。

付け下げ

付け下げとは、肩山に向かって上向きになるよう模様つけされた着物のこと。

訪問着より染める工程を簡略にしたもので、般的に訪問着よりも略式ですが、仕立てあがると訪問着と区別のつかないものもあり。


現在では、訪問着と同じように着られる事が多いです。

色無地

3つ紋の場合は、準礼装。一つ紋だと略礼装にあたります。

地味な印象になってしまうこともあり、帯で華やかさを出すのがコツ。

小紋

総柄模様の着物で、着物全体に同じ模様が繰り返されているのが小紋です。


おしゃれ着的な要素がある小紋ですが、古典柄や、華やかさのある小紋は、訪問着的に着る事ができるものというとらえ方が、現在での主流です。

 

 

なお、和服の第一正装は、留袖ですが、入園式・入学式(あるいは、卒園式・卒業式)には、そこまでは必要がありません。留袖だと格式が高すぎると言われています。留袖は、洋服でいるアフタヌーンドレスやイブニングドレスに当たります・・・

振袖は、未婚者「ミス」の和装なので、若い20代のママだとしても、正式には着られません。

着物のバッグの合わせ方

着物に合わせるバッグは、必ずしも着物専用の「和装バッグ」「和服用バッグ」である必要はありません。

和装用バッグは、小さいものが多く、また着物により合わせにくいものもあるので、洋服用のフォーマルバッグの方が一般的には使いやすいのでおすすめです。

着物のバッグ(洋服・和服兼用)の選び方ポイント

ただし、着物は、洋服よりも丈もロングの縦長な印象。さらに、袖もあります。着物にしっくりしたバランスで、使いやすいバッグである事が大切です。

以下、着物用バッグの選び方のコツです。

  • ハンドバッグとして持てるものを選ぶこと。(ショルダーバッグは、着物では使いにくい)
  • 横長のハンドバッグを選ぶこと。(着物のシルエットは縦長。横長タイプのバッグがバランスが良い)
  • フォーマル感のある 適度にかっちりクラシカル、金具が有り過ぎないものを選ぶ。

 


投稿どうぞ。メッセージを送る