着物の「紋」と格

着物の紋とは、いわゆる家紋・その家の紋章のこと。特に、ミセス・既婚女性 が礼装として着る着物には、「紋」を入れるのが一般的です。

女性の紋は、「女紋」と言い、実家の母方の紋を使いますが、嫁ぎ先の紋を使う場合もあります。

紋の数と格

着物に入れる紋の数は「5つ紋」、「3つ紋」、「1つ紋」の3種類。一般的に、紋の数の多い方が格が高くなります。

  • 5つ紋 正礼装(正装)
  • 3つ紋 準礼装
  • 1つ紋 略礼装

紋が入る位置は、

5つ紋・・・ 背中の中央と外袖(左右)と両胸(左右)の5か所。

3つ紋・・・ 背中の中央と外袖(左右)の3か所。

1つ紋・・・ 背中の中央に1か所。

レンタルの場合の紋

フォーマルに使えるような着物をレンタルのするような場合には、あらかじめ着物に「紋」は入っている場合が多いです。

レンタルで使われている紋は、一般的に「五三桐」という 桐の紋 が多いと言われています。この紋を使う家が多いからだそうですが、レンタル店によっては、各家庭の紋を別に貼り付けてくれる所もあります。


投稿どうぞ。メッセージを送る