入学式・入園式に色留袖(母親マナー)

入園式や入学式の母親の服装として、和服を着る(和装)場合、留袖・色留袖を着る場合は、少し注意が必要です。

和装の正装にあたる「留袖・色留袖」は、一般的に入園式や入学式に着用するには、少々格が高くなってしまいます。特に、5つ紋や3つ紋+比翼仕立ての色留袖は、和服の第一礼装なので、 親族の結婚式で着るような服装になってしまいます。

ただし、全く着られない訳ではありません。

 

入園式や入学式で母が色留袖を着たい場合は、1つ紋、もしくは紋なし+訪問着仕立て(比翼無し)なら、訪問着と同じに着る事ができます。

あとから紋を入れることもできますので、新しく色留袖を買う場合は、最初から入れる必要はありません。むしろ着る場所によっては紋がないほうが 仰々しくなり過ぎずに良い場合もあり、使いやすいかもしれません。

上半身に柄がちょっと寂しく感じられるような場合は、重ね襟に色物を、帯締め帯揚げも金銀糸の入った色物を使うとアクセントになって おしゃれ感がアップします。


投稿どうぞ。メッセージを送る