入園式・入学式 ママの和装

入学式・入園式に色留袖(母親マナー)

入園式や入学式の母親の服装として、和服を着る(和装)場合、留袖・色留袖を着る場合は、少し注意が必要です。

和装の正装にあたる「留袖・色留袖」は、一般的に入園式や入学式に着用するには、少々格が高くなってしまいます。特に、5つ紋や3つ紋+比翼仕立ての色留袖は、和服の第一礼装なので、 親族の結婚式で着るような服装になってしまいます。

ただし、全く着られない訳ではありません。

 



着物のバッグの選び方

 ママとして入園式や入学式、七五三といったフォーマルな子供の行事で着物を着る時は、コンパクトな「和装用バッグ」ではちょっと小さいかもしれません。また、いわゆる和装バッグは、合わせるのも案外難しい。

着物の着こなしとして、合わせるバッグは、必ずしも「和装バッグ」「和服用バッグ」である必要はありません。

便利なのが、洋服にも合わせられるフォーマル・バッグを 着物に合わせる方法です。最近では、結構多くの方がやっていらっしゃいます。

着物に合わせるバッグ(洋服・和服兼用する場合)の選び方

着物は、縦長シルエットです。また、袖(たもと)も長いです。着物とのバランス、そして使いさすさから バッグを選ぶポイントをアドバイス♪


入園式・入学式にママが着物を着る場合

入園式・入学式にママ・母親が着物を着る場合、どんな着物を着れば良いか、ふさわしい着物スタイルについて。

和服にも、フォーマルにふさわしい格があります。

着物の格は、着物の種類だけでなく、紋の数や合わせる帯により決まりますので、必ずこうとは言い切れませんが、一般的に、入園式や入学式にふわさしいのは、以下です。


着物の「紋」と格

着物の紋とは、いわゆる家紋・その家の紋章のこと。特に、ミセス・既婚女性 が礼装として着る着物には、「紋」を入れるのが一般的です。

女性の紋は、「女紋」と言い、実家の母方の紋を使いますが、嫁ぎ先の紋を使う場合もあります。

紋の数と格

着物に入れる紋の数は「5つ紋」、「3つ紋」、「1つ紋」の3種類。一般的に、紋の数の多い方が格が高くなります。

  • 5つ紋 正礼装(正装)
  • 3つ紋 準礼装
  • 1つ紋 略礼装

紋が入る位置は、

5つ紋・・・ 背中の中央と外袖(左右)と両胸(左右)の5か所。

3つ紋・・・ 背中の中央と外袖(左右)の3か所。

1つ紋・・・ 背中の中央に1か所。

レンタルの場合の紋

フォーマルに使えるような着物をレンタルのするような場合には、あらかじめ着物に「紋」は入っている場合が多いです。

レンタルで使われている紋は、一般的に「五三桐」という 桐の紋 が多いと言われています。この紋を使う家が多いからだそうですが、レンタル店によっては、各家庭の紋を別に貼り付けてくれる所もあります。