お受験サブバッグについて

お受験では、本番は ママ・パパのスリッパや靴、お子様の衣服などで大荷物になりますので、サブバッグは必需品です。学校説明会(小学校・幼稚園とも)でも、書類や願書を頂いたりするので、やはりサブバッグは外せません。

小学校や幼稚園の受験の場合は、サブバッグも、ママのバッグ同様に、シンプルで清楚なデザインがおすすめです。フォーマルな雰囲気でも、パーティーに持っていくような華やかなもの、逆に喪を思わせるような雰囲気のものは、避けた方が良いでしょう。

もちろん、紙袋はNGです。紙袋は、見た目もそうですが、荷物を入れて破けてしまうリスクもあります。

サブバッグの色・サイズ

まず、サブバッグの色は、「紺」もしくは「黒」が基本です。

サブバッグは、面接時には、控室に置いておくことが指示される場合が多いですが、そのまま持って行って、着席する椅子の横に置くこともあります。いずれにせよ、立てて置ける「自立型」が見た目もスマートです。

形は、縦長タイプと横長タイプの2種類。横長タイプのサブバッグは、背の高くないママでも すっきり持てるのが魅力。

サブバッグは、収納力重視で、A4~B5サイズの書類がおさまる位のサイズで、厚み(マチ)がしっかりあるものがおすすめです。

用紙サイズとバッグサイズ(参考)

書類の種類 用紙サイズ(cm)
バッグのサイズ 目安(cm) 
B5用紙 25.7×18.2  28×22以上
 A4用紙 29.7×21  33×24以上
 角形2号
A4が入る封筒サイズ
32.4×22.9  35×25以上

角2号サイズは、A4書類を折らずに入れる事が出来る封筒サイズです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.formal-manner.com/mtos/mt-tb.cgi/119

コメントする