お受験バッグの基本

濱野フォーマルバッグは、お受験・正統派の母親向け

 濱野の人気のフォーマルバッグといえば、濱野(hamano)の「ロイヤルモデル」。このロイヤルモデルは、私達の母の代においても、お受験においては羨望も含め王道バッグだったそうです。

女性らしさと品の良さを併せ持つ、濱野のクラフトマンの技術が凝縮されたバッグ『ロイヤルモデル』。

日本女性が一番美しく見えるシルエットとフォーマルに適したサイズを研究して作れらたフォーマルバッグの逸品です。それだけに、立ち姿、座り姿ともに美しい さすがのバッグです。今でも、お受験バッグとしては人気のシリーズです。

余談ですが、ハマノのフォーマルバッグは、着物スタイルにも似合うことを意識して作られているところが、他のバッグブランドと異なるところでもあります。入園式や入学式あるいは、卒業式に 着物を着たい・・・というママにも おすすめです!

濱野フォーマルバッグ ロイヤルモデル(金具の色:シルバー)

価格:57,750円

サイズ:
縦:約16cm
横:約29cm
マチ:約6cm

持ち手の飾り金具の色は、シルバー(画像)、ブラック、ゴールドの3種類から指定できます。

B5サイズが入る少し大き目ロイヤルモデル(ラージ)もあり。

ロイヤルモデルが誕生したのは今からおよそ50年前、 私達の母の世代よりももっと前から 憧れ、愛され続けているバッグ、とても素敵です。

腰掛けた時に、ひざの上で収まりの良い形態感も、お受験バッグとして おすすめの理由です。

<濱野工芸社 公式サイト>

http://shop.hamanobag.com/



お受験用バッグ(母親・ママ)の基本

 formalbag.jpg

お受験用バッグ基本は「黒のフォーマルバッグ」。

バッグの大きさは、試験の面接時に膝に置ける大きさが目安です。
シンプルで清楚な雰囲気のデザインで中身の出し入れがしやすいものがおすすめです。

以前は、小さなバッグが主流でしたが、最近では 収納力という実用面から、すこし大き目のものを持つ方も増えているそうです。ただし、スーツとのバランスから言えば、40cm位までがベター。それ以上の大きさのバッグは、失礼に当たりますし、見た目にも大きく見え、アンバランス。

実用性を考えて、少し大き目のバッグを用意したとしても、ママ・パパのスリッパに靴、書類、お子様の衣類や荷物等を持ち歩く事になるので、ハンドバッグの他に「サブバッグ」は、やはり必需品だと思います。

allow-p.gif お受験バッグとして人気のブランド(参考)

ママのお受験バッグとして有名なのがハマノ。

ハマノ(HAMANO)公式サイト
http://shop.hamanobag.com/

 


お受験バッグの大きさ(サイズ目安)

 お受験バッグに限りませんが、バッグの縦・横・幅が明記されているものを見たとしても、ちょっと分かりにくいですね。お受験で使うフォーマルバッグやサブバッグを選ぶ際の参考にしてみて下さい。

バッグ選びのポイントは、何を入れるかをはっきりさせること。そして、実際に入れる予定の物のサイズに、余裕分を2センチから3センチ見ると安心でしょう。

フォーマルバッグの場合は、厚み(マチ)がしっかりあるものがほとんどですが、サブバッグなどは、厚み(マチ)も、入れる荷物のボリュームに合わせて、確認しましょう。

書類の種類 用紙サイズ(cm)
バッグのサイズ 目安(cm) 
B5用紙 25.7×18.2  28×22以上
 A4用紙 29.7×21  33×24以上
 角形2号
A4が入る封筒サイズ
32.4×22.9  35×25以上

 


お受験でエルメスバッグまで必要?

 小学校お受験、一部の有名私立小学校の受験では、エルメスのバーキンが良い、ケリーはカジュアル過ぎるなどと まことしやかにささやかれていたりしますが、そこまで必要ありません。

幼児教室では、スーパーブランド、ハイブランドといわれるブランドのバッグは、あまりおすすめではないと言われています。特にそれと見てわかってしまうようなロゴが入ったりしているものは、「TPO」という点で、避けた方がベター。

家庭面・保護者の姿勢として一番重要なのは、「学校の方針に従える親なのか」「親として常識的か(わきまえがあるか)」という事だそうです。もちろん、「6年間かそれ以上の期間 学費を支払える家庭か」という事も、学校経営上 そして、教育環境整備という点から 大切な要素としてあるかもしれませんが、母親のバッグや服装で お金持ちかどうかまでは見るものではないですし、バッグ一つで本当のお金持ちかも わかりませんよね。

やはり身の丈通りの、自然な感覚で選んだスタイルが一番だと思います。たとえば、エルメスを お持ちになるのが日常的、あるいは 普通の感覚という 家庭なら、それでもOKなのかもしれません。そういうご家庭も確かにありますし(>_<)

ただ、小学校に入学したら 家庭同士でお付き合いする場面も多々。最初から無理して、だんだんキツ~くなるのも辛いです・・・