小学校受験の面接「父親の対応」

小学校受験において、合否に大きくかかわるのが「親子3者面接」です。親が原因で、失敗する例としては、「父親の対応」がダントツ言われています。

小学校の受験はママ主導のもと・・・というケースがほとんど。一般的に父親が子供の小学校受験に積極的に賛成というケースは少数派だそうです。面接時にその後ろ向きの姿勢がどうしても出てきたり、尊大・傲慢で自信たっぷりな態度が出てしまうと、面接官に良い印象は与えることはできません

なかでも、夫が一流大学を出て ある程度の社会的な地位を気付いている方ほど、面接での態度が尊大、横柄な感じが出てしまい、試験官にあまり良い印象を与えない傾向があるそうです。 これは、父親が母親のの意見を尊重して小学校受験に了承はしていても、ご自身の経験から、公立の学校でも一流大学へ入ることはそんなに難しくないと感じている事が原因。やはり、考えている事は態度として現れてしまします。 

もし、父親の方が あまりお受験に賛成していない場合は、お子様と父親は、別人格であることも含め、今一度 お子様にとって小学校受験をする必要性を見直すと良いでしょう。受験は必要ないという結論もまた、家庭内の教育理念の一致だとしたら、それもしっかりした考え方だと思います。

やはり、夫婦間の意見の不一致は、学校側が重視する 家庭内での教育方針の一貫性や協力関係といった面においても、不利です。

ともあれ、 「お受験をする」という結論が出たら、夫婦で歩調を合わせる事がとても大切になってきます。

allow-p.gif 関連記事

>>小学校 お受験「面接」の重要ポイントとコツ

>>小学校 お受験「子供の面接」対策は必須!