小学校お受験「願書」の目的

小学校受験における「願書」は、受験票発行のための出願とは違った意味合いがあります。

学校が 子供自身の事・ご両親の考え方を知る 最初の資料

小学校 受験(幼稚園受験)においては、受験する本人がもちろん主役ではありますが、長い学校生活をサポートする両親の教育観や考え方が 学校と歩み寄っている事が 重要な要素になってきます。

願書を学校が求めてくる目的は、「家庭の環境」「教育への両親の考え方」「学校への熱意や共感」を知りるためです。

学校と家庭での教育に対する考え方があっていなければ仮に合格したとしても、円滑な学校生活は送れません。 願書は、その学校で十分に力を伸ばすことができる子供を選ぶための第一歩です。

願書は、面接の為の資料となる

そして、忘れてはいけないのが、小学校受験(や幼稚園受験)において、出願した願書は「面接」の際の資料になるという事です。面接では、願書に書かれている内容に基づいた質問がされる場合もあります。また、願書に書かれている内容を踏まえたテーマでの質問も想定されます。

願書に書いた内容と 矛盾がないように、願書に書いた内容はコピーするか 書きとめておく事をおすすめします!

 allow-p.gif 関連記事

>>小学校お受験「願書写真」の服装と髪形について

>>小学校 お受験「願書」は、とても重要