真珠・パールの色と用途(シーン別)

パール・真珠の色は、様々。ブラックや グレーという色は、結婚式や入学式などのお祝いの服装に使える?など、そんな疑問ありませんか。パールは、フォーマルからカジュアルまで使える幅広いアイテムですが、フォーマルの視点から見て、使える形と色・用途をアドバイス。

ホワイトパール

ホワイトパールは、万能。基本的に 冠婚葬祭全ての場面で使えるのが白系真珠です。同じ白い真珠といわれるものでも、うっすらピンクだったり、黄味がかっていたり ほんのりお色が付いている程度ならば、「葬」である喪の席でも大丈夫だと言われています。

グレーパール

グレーパールもイメージからすれば黒い真珠のグループに入るかもしれませんが、あくまでも見た目のグレーとして項目分けしました。グレー系パールといえば あこや真珠のブルー珠(ブルーパール)もしくは、南洋黒蝶真珠の薄い色合いのものが代表的です。これらは、本当に美しく干渉色が入ったグレーの真珠は、ずっと使える大人のパール。

グレー系のパール=喪 だけに終わってしまうのはもったいないです。着こなしに合わせて、パーティーや結婚式にも使えます。そして春らしい装いで、入園式・入学式のスーツにあわせたら おしゃれだと思います。

ブラックパール

ブラックパールは、黒というイメージから、やはり用途は喪のイメージが強い(特に、イギリスの女王陛下のジェットの逸話から)ですが、そもそも、「喪」の場合に着ける真珠は、必ず黒・ブラックパールという決まりもなく、黒真珠は喪にしか使えない真珠というわけではありません。

黒い真珠も、特に、グリーンなどの干渉色が入ったものは、華やかで パーティーに使えます。特に、南洋黒真珠(タヒチパール)はブラックと言えども、華やかでパーティー向きです。服装・装いによっては、本来結婚式でも OK。

ただし、例えば、「黒真珠は、お葬式のイメージ」など 世間一般でいつの間にか広がって、浸透しているイメージもあります。これがフォーマルの着こなしの難しいところです。特に年配の方、目上の方も多く これから重要なお付き合いが始まりそう・・・なんていう場面では、そういったイメージによるものも無視することはできません。

その他の鮮やかなカラーパール

真珠の調色技術がアップして、色鮮やかで目にも美しいパールがお目見えしています。美しい色合いに調色できるのも、品質が高いパールならではです。

鮮やかなカラーパールは、パーティーや結婚式など 華やかな装い向きです。

フォーマル用パール・真珠は真円(真ん丸)

フォーマルで特に厳粛なお席で、パールを身に着ける場合は、パールは真円(真ん丸)のものが良いとされています。

素敵なバロックパールも、楕円のポテト型のパールも、本来は格式の高いフォーマルシーンでは使えないとされています。ただし、略礼式のおしゃれなパーティーや、結婚式でも友人として出席するような場合や、よりカジュアルなレストランウェディングなどでは、大丈夫です。

※ 以上をふまえて 注意したいこと!

ただし、例えば、「お葬式には、黒真珠」など 世間一般でいつの間にか広がって、信じられている事もあります。これがフォーマルの着こなしの難しいところです。身に着けた印象を鏡で見てみて 場にふさわしいかどうかの個別的判断、主催者や参列者の気分を害さない配慮も大切です。

 

関連記事

真珠・パールネックレスの大きさ・サイズ選びは?

真珠ネックレス おすすめの長さは?

真珠・パールの色と用途について。

結婚式や入園式・入学式で、一連パールネックレスは大丈夫?