(真珠・パール)似合うネックレス の 長さは?

「ネックレスの長さの呼び名」と「装い」の間には洋装の長い歴史の中で、深~い関連性があります。ネッククレスの長さと、装いスタイルからついた長さの呼び名は見事な先人の知恵とも言えます。

どんな長さのネックレスがいいの?と、似合うネックレスの長さで迷ったら、是非参考にしてみてください!

チョーカー CHOKER (35㎝前後)

首元にぴったりした長さのネックレスの呼び名です。首の細い華奢な感じの方にとても良く似合う長さです。犬の首輪みたいに見えることから、別名「ドッグカラー」とも。ただし、首が短い・太いとお悩みの方は避けた方がよい長さです。

プリンセス PRINCESS (長さ40~42㎝位)

ネックレスが鎖骨のあたりにかかるのが、この「プリンセス」という長さ

もっともポピュラーな長さで、その名の通りドレスを着たプリンセスが付けているようなイメージから、この名がついたと言われています。花嫁さんはもちろん、冠婚葬祭に着るフォーマルなスーツやドレスに良く合うのは、この長さと一般的に、言われています。

マチネー MATINEE  (長さ52~60㎝位 )

ネックレスが女性の胸(バストトップ)より、少し上にくる長さ

マチネーとは、フランス語で"午前中"とか"(劇場などの)昼公演"を意味する言葉で、本来は、それほど格式のある装い向きの長さではなく、ドレスやワンピースを着ておしゃれに装いたいときに付けるネックレスの長さです。準礼装の昼の装いや略礼装向きと言えそうです。

オペラ OPERA (長さ75~80㎝位)

オペラを観賞するためのドレッシーな衣裳に合う長さという意味でオペラと名付けられたと言われています。オペラと言えば、夜公演がメインです。夜会用の礼装向けの付け方です。 長くてとてもゴージャスなイメージ。

ロープ ROPE  (長さ107~120㎝位)

プリンセス・スタイルの長さの3倍にもなる長さで、服装に合わせてそのままの1連はもちろん、2連や3連にと3通りに使える長さ。フォーマルシーンに合わせて工夫して使えるとして重宝されている長さです。真珠・パールネックレスの場合は、連の長さを固定しておくのにショートナーパーツを使うと便利です。