真珠・パールの種類

 真珠(パール)の種類は色々。それぞれの真珠の種類によって 色や大きさ、形にも違いがあります。

とても繊細な印象の素敵なあこや真珠も、1センチを超えるものは少ないと言われています。一方、淡水パールでは、大きな粒も他の真珠と比べて安い値段で見つける事が出来たりします♪ シーンに合わせて真珠の個性も使い分けてみるのも良い方法です!

あこや真珠

一般に本真珠と言われているものです。日本でで養殖されるほとんどの真珠が、この「あこや真珠」。真珠の色みはホワイトピンク系、ホワイトグリーン系からクリーム系、ゴールド系と色々なカラーバリエーションがあります。

真珠の大きさは小さいもので約2mmから。最大で約10mm位まで。母貝であるあこや貝自体がそれ程大きくない為に、大きな真珠は生まれません。大きさも控えめ、そして きめの細かい優しい色合いから、日本の色々な行事、冠婚葬祭を始め色々なファーマルシーンに使える真珠と言われています。

南洋白蝶真珠・白蝶真珠

南洋真珠最大の真珠貝である白蝶貝(しろちょうがい)から採れる真珠です。大きなサイズの真珠貝なので、中の真珠も最大で直径2センチ近くなるものもあります。色は、シルバーホワイト、イエローなど。最も希少で人気が高いのがゴールド・カラー。華やかなパーティーにぴったりです。

南洋黒蝶真珠・タヒチパール

南洋黒蝶貝(くろちょうがい)から生まれる真珠で、タヒチ産が主のパールで、タヒチパールとも。珠の色は黒系、緑系、グレー系、赤系など色のバリエーションは多数。深い緑に赤みがかった反射のある「ピーコックグリーン」と呼ばれるカラーが 美しい色として評価が高く人気のカラーです。

大きさは、日本のあこや真珠と比べ、大きなものもありゴージャスな雰囲気です。ただしカラーによっては、シックな印象のものも多く、色調とパールのサイズを選べば、冠婚葬祭用として使う事も出来ます。

淡水パール・淡水真珠

パールが取れる母貝が、海ではなく淡水(湖)で育つイケチョウ貝から採れるので、湖水パールともいわれる事がある真珠です。日本では琵琶湖などで養殖されています。

形は楕円・ライス状のものが多いと言われていますが、最近は養殖技術のアップにいより、一見あこや真珠と思える きれいな丸い(真円)ものも。サイズが大きいものは淡水パールでも結構な値段の場合がありますが、一般的に、淡水パールは、あこや真珠や南洋真珠と比べてお手軽なお値段のものが多いのが特徴です。

例えば、フォーマルに丁度良いと言われる ネックレス(粒サイズ 7.5~8ミ)リのものならば、あこや真珠に比べて比較的手頃な 数千円から1万円位で手に入る事があります。

学校行事や、結婚式・パーティーそしてデイリーに使えるのも、このパールの良いところです。

ケシ真珠(シードパール)

ケシ真珠(芥子真珠・シードパール)とは、1ミリ前後の小さな真珠のことで、偶然母貝に入った「砂の粒」や「ブランクトン」などの異物が核の役割を果たし真珠質が巻き付いたものです。ほとんどの養殖真珠は、貝の中に核を入れそこに真珠層を巻きつけて生まれますが、ケシ真珠(シードパール)は 核が入っていない真珠です。

養殖環境で出来上がったものは、天然ではなく、自然ケシ真珠とか、ナチュラルシードパールと呼ぶことが多いです。

ケシ真珠・シードパールは、真珠の養殖技術がなく、天然の環境で偶然の産物としてしかパールしかとれなかった時代に登場した真珠です。そして、ケシ真珠は、ヨーロッパに渡り、王侯貴族たちに珍重され19世紀に黄金期を迎えました。

現代でも、シードパールを使ったジュエリーは、どこかアンティークな雰囲気です♪ アンティークスタイルなデザインが好きな方には、おすすめです。

シードパールは、ネックレスなら、アンティーク調なデザインのもの、もしくは、連を重ねたデザインが とても繊細で素敵です。

 <画像提供>
   ドールオガワ

 

<画像提供>
真珠の卸屋さん