真珠(パール)ネックレス サイズ選びの心得

パールのネックレスそして、それにあうピアスやイヤリングを買う際に、ちょっと注意しなければなならいのは 真珠の粒のサイズ・大きさ。

フォーマル・パールの丁度良い大きさは、どの位?

結婚式を始めとした冠婚葬祭や学校行事に重宝なサイズが、直径8mm前後と言われています(首が細めの方は7~7.5mm位)。

7mmよりも小さいパールは、他のジュエリーとの重ね付けや、カジュアルな ちょっとしたおしゃれ向き。

逆に1cmを超える華やかなものは入学式などの学校行事では使いにくく、お葬式では避けた方が良いとされています。 華やかさが大切な結婚式やパーティーでも、花嫁や主催者よりも目立ってしまう装いは失礼にあたります。

そして、フォーマルに使えるパール・真珠の形は、真円(真ん丸)に限りなく近いものです。そういう意味でバロックパールは、たとえサイズがフォーマルに適した大きさだとしても、冠婚葬祭には不向きです。

ただ、パールは、一般的に、年齢を重ねると小さ目なパールは、似合わなくなり、年齢を重ねるごとに「大き目」サイズが似合うようになると言われていることも考慮に入れておく必要があります。

理想の真珠サイズの決め方

年齢的に似合うと言われているパールのサイズが以下。若い方は小さ目のパールでも、清楚に付ける事が出来るのが真珠の特徴です。

20代・・・7mm~7.5mm

30代・・・7.5mm~8mm

40代・・・8mm~8.5mm

50代・・・8mm~8.5mm

60代以降・・・8mm超~9mm

これを基本に、首が細めの方や、華奢な方は-0.5mm 、大柄な方や背が高い方は、+0.5 します 。

こう考えてみると、迷った場合の理想のサイズは長く使う事を考えて「8mm越えのもの」と言えそうです。

きれいな真珠は、本当うっとりしますね・・・

<画像提供>
真珠の卸屋さん

フォーマル関連記事 あわせてどうぞ♪