一本針式コサージュの付け方

ブローチ式のピンではなく、待ち針のような1本針のピンを使ったコサージュピンの付け方の紹介です。

一本針タイプのコサージュピンは、生花コサージュや結婚式で新郎がつけるブートニアに良く使われるコサージュ専用ピンです。洋服にしっかりとコサージュを留められるのが特徴。特に、花部分に重みがある生花のコサージュは、このタイプが基本です。

ピンで洋服を表から一針すくい、コサージュ(多くは茎部分あたり)に 刺して、針先を反対側に出し、また洋服を一針すくい針を出します。ピンの先は、ピンキャップが着いていればキャップをします。付いていなければ そのままです。

ピンが極力見えないように付けると より自然です(多少は見えてしまっても、針は細いので問題なし)。

 

服地が薄い場合や、コサージュが安定しない場合は、洋服の裏に当て布(フエルトなど)をして厚みをつけるとコサージュが垂れ下がらずきれいにつけられます。