フォーマル・シーン別 コサージュは、こうして選ぶ!

ドレスやスーツに付けるコサージュ。シンプルなワンピースやドレスも、かわいいコサージュで印象もガラリと変わります。フォーマル行事別、どんなコサージュがおすすめかアドバイス。

結婚式 お呼ばれ服に付けるコサージュ

結婚式や披露宴に招待された場合の服装(スーツやドレス)に付けるコサージュは、たとえ小さなものであっても、白は避けた方が良いです。花嫁のドレスの「白」を引き立てるような明るく華やかな色のコサージュをされるほうがいいですね。ピンクやオレンジといったきれいな色が おすすめです。

落ち着いた色合いよりも、華やかな色合いの方が結婚式がより華やかになり、祝福の気持ちも伝わります。コサージュの大きさは、大きなもの(12センチ位まで)を付けても失礼には当たりません。

入園式や入学式のママの服装に付けるコサージュ

  

入園式や入学式のママのスーツに付けるコサージュは、春という季節柄 淡く優しい色合い(パステルカラー)のものがおすすめです。

大きさはあまり大きくなく、直径は8センチ位までの大きさが少し控え目で上品です。ローズやカメリアなどの一輪コサージュの他、小さなお花が何輪か付いたようなデザインもかわいいです。

卒業式のママの服装に付けるコサージュ

卒業式や卒園式は、入学式や入園式とは違い、卒業証書を授与するという厳粛な式典でもあります。ママ・母親の服装も 黒系のダークな色合いのスーツが一般的です。

とはいえ、お祝いの式典ですのでお祝いらしく、コサージュを付けると素敵です。

コサージュの大きさは、8センチ位までのものが上品です。色は、ダークスーツな色に合わせて、オフホワイトやクリーム系、アプリコットカラー、薄いピンクやピンクベージュ、グレイッシュカラーなど 落ち着きのある色合いがおすすめです。

黒いスーツを華やかにする為のコサージュ

ブラックスーツやワンピースをパーティーなどで着る場合は、華やかにしたいものです。パールやサテン、フェザーなど、異素材が入ったビジュー感覚のコサージュをつけると 大きさに関わらず華やかな印象になります。

 illust558_thumb.gif