しみ抜き方法(応急処置)

 うっかり付いてしまうのが、シミ・汚れ。シミは、空気との反応で 時間が経てば経つほど、取れにくくなります。パーティー会場で、服のシミに気付いた・・・なんて場合に出来る応急処置と、家に帰ってきてから、自分で出来る衣類の シミ取り方法をアドバイス。

  具体例例   シミ抜き法
水溶性のシミ ジュース、コーヒー、紅茶、ビール、しょうゆ、ソース、ケチャップ、ジャム、 (応急処置)
付いてすぐなら、水で落とせます。
(本格的しみ抜き法)
台所洗剤(家庭用中性洗剤)を使い、たたくようにして、汚れを落とす。シミが小さい場合は、綿棒を使うと便利。

それでも、落ちない場合は、酸素系漂白剤(ライオン・ブライト、花王ワイドハイター等)を使います。塩素系漂白剤は、使いません。

(注意事項)
赤ワイン、果汁の色素は、家庭では、難しい場合があります。
油性のシミ 口紅、ファンデーション、クレヨン、ボールペン、オリーブオイル、バター、マヨネーズ、チョコレート、朱肉 (応急処置)
乾いた布で、広げないように、油分をつまみ取る。
(本格的しみ抜き方法)
ベンジン、あるいは、化粧品用のクレンジングオイルを含ませて歯ブラシで軽くこすり、その後台所用中性洗剤を付け水洗い。
絵具、油絵具、ペンキなど顔料系のシミ

油性のシミの中でも、落としにくいシミ。

水彩絵の具なら、中性洗剤を使って水洗い。(黄色系は落ちにくい)

 

不溶性のシミ  血液、サビ、墨汁、泥はね等、水や油にも溶けないもの。落とし方は、個別的で、場合によっては落ちにくいものです。 (応急処置)
付いてすぐの水洗い。 
(本格的しみ抜き方法)
血液の場合は、台所用中性洗剤に、アンモニア水を少量入れると効果的。

墨汁、泥はねは、中性洗剤や石鹸で水洗い。
注意事項

※漂白のテスト

漂白剤を使うときは、衣類の折り返しのところなど、目立たない所に、綿棒等で漂白剤を付けて、色変わりしないかを確認しましょう。

※ レーヨン素材や水によって色落ちしやすい素材は、基本的には水洗いが出来ません。また、シルクなどのデリケートな素材はしみ抜きによって生地を傷める場合があります。ご家庭洗いが出来ない衣類も同様です。

しみ抜きのプロに依頼した場合の料金相場は、部分的なシミで1,000円位~です。大切な衣類は、シミ抜きを専門とするクリーニング店にご相談下さい。