白髪の原因

白髪の原因(白髪は、なぜ生える?)

白髪の原因・白髪が生えるメカニズム

おしゃれをしたいのに、白髪がちらほら・・・って気になりますよね。髪の毛を作り出す細胞の中では、髪の毛にはまだ色が付いておらず、白髪の状態なんだそうです。 そこにメラニン色素を作り出す細胞(メラノサイト)で作られた髪の色の元であるメラニン色素が吸収されて、色がつくというのが健康な髪のメカニズム。

 毛が白髪になってしまうのは、

白髪ができるのは、色素細胞(メラノサイト)のはたらきが、何らかの原因で弱まったり消失したりして、髪を黒くするメラニン色素がつくれなかったためと言われています。

つまり、メラニンを作る細胞であるメラノサイトの働きが弱ってしまい、髪に色をつけるメラニン色素を作り出せなくなるからです

メラニン細胞が正常化して、黒髪の元が活発に作られれば、白髪を減らすことが出来るというわけです。

白髪を減らすためには、「メラニン細胞」の正常化が理想的な姿です。

メラニン細胞は、なぜ弱る?

メラニン細胞の働きを弱らせる原因としては、

  • 加齢(老化現象)
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生活習慣
  • 病気
  • 遺伝的な要素

と言われています。