卒業式コサージュの付け方

卒業式や卒園式スーツを華やかにするアイテムは、「コサージュ」。卒業式や卒園式に限りませんが、コサージュは 一般的に「左側」に付けます。

卒業式コサージュ おすすめの付け方

スーツのジャケットに付けるコサージュは、「左側」の「少し高い位置」に付けると良いと言われています。

その理由は、人の視線は、右に抜けるという特徴があるため、コサージュは「左側」に、そしてよりスタイル良く見せるため、あるいは、欠点から視線をそらす効果として 「高めの位置」にということだと推測されます。

実際には、テーラードジャケットなら、左襟の部分の鎖骨周辺。ノーカラージャケットなら、左側の鎖骨下あたりです。少し上、少し下などの微調整は、個人差がありますので鏡の前でする必要が♪

 

ネックレスと一体型のコサージュも

最近では、ネックレスにコサージュがポイントで付いたものもあります。コサージュを付けるのは、ちょっと大げさかな・・・とコサージュを付けるのに抵抗を感じる場合は、そんなスタイルもおすすめです。

特に、ノーカラージャケットの場合は、コサージュが付いているタイプのネックレスは、似合いますので おすすめです♪

自前のパールネックレスなどに、コサージュをピンでとめても、できそうですね!

画像は、リボンコサージュ付き、2連パールネックレス

リボンコサージュ付きネックレス/ローズティアラ(Rose Tiara)

<画像提供>
丸井 楽天市場店


コメントする