卒業式・卒園式スーツの素材

卒業式・卒園式におすすめのスーツの素材・生地

卒業卒園のシーズンは、3月中旬ごろ。春めいて着てるとはいえ、まだ寒いシーズンです。1年中着られる素材はもちろんですが、寒い場合は、冬素材を考慮しても良いでしょう。

▼通年着られる素材としては

ツイード・シャンタン・ジャガード・シルクタフタ
部分使いならサテンやチュール、オーガンジーも。

▼季節的な素材

ウール・ベロア(ベルベット)

季節的には、冬素材であるベロア(ベルベット)やウール素材のスーツも卒業卒園の式服としてはマナー違反にはなりません。

トレンド感ある服装としては

ジャケットやスカート、ワンピースにレースやフリル、一部ビーズなどの飾りのついた生地も人気。

同じ黒スーツでも、ワンピースやスカートをシフォン素材を選ぶなどジャケット(上着)と異素材を合わせてみてもおしゃれです。

 



卒業式・卒園式スーツの生地について(ベロア・ベルベット)

 卒業式や卒園式に着用するスーツの生地素材について

ベルベット・ウールは、OK

3月に行われる 卒業式・卒園式、ファッションの着こなし的には、まだ「冬」。それなので、卒業式・卒園式のスーツ生地に、秋冬素材といわれる「ベロア・ベルベット」は大丈夫です。むしろ、季節感にふさわしい素敵な装いになると思います。同じ理由で、冬素材であるウールも大丈夫です。

通年素材と言われる生地ならば、もちろんオーケーです。

避けた方が良い素材

ただし、冬素材と言えども、ニット地はどんなに おしゃれなデザインのおのでも、カジュアルというイメージが強いのでフォーマルには向かない素材です。

悩むのがポンチ素材(ポンチローマという生地)。ポンチ素材は、ニット素材ではありますが、スーツにも良く使われる おしゃれな生地です。基本的には避けた方が無難ですが、もし着る場合は 印象を確認してから着用しましょう。