卒園式・卒業式スーツ(ママ・母親)のポイント

 入学式・入園式も、卒業式・卒園式も同じ子供の嬉しい成長を祝う「お祝い」。

一方で卒業式は、「卒業証書授与式」という名前の通り「卒業証書を授与する」格式が高い式典でもあります。その上、卒業式・卒園式は、お世話になった恩師や仲の良い友人との「お別れ」の意味もある式典。それなので、服装も「華やかさ」は必要なものの「格式の高さ」「厳かさ」を意識したスタイルが良いとされています。

実際、卒業式や卒園式のスーツは、ブラックや濃紺(紺)、グレーなど 落ち着いた暗めの色合いの服装が圧倒的に多いのが特徴です。 地域や校風によっては、黒一色という学校もあります。幼稚園などでは、園からの指定でブラックフォーマルで、なんていう所もあるそうです。

卒業式・卒園式のスーツ 着こなしの特徴

ダークな色合いのスーツ・服装
幼稚園や学校の校風によりますが、多くの場合、卒業式・卒園式は、黒、グレー、紺などのダークな色を着用。ブラックフォーマルでもOKなことが多いです。

厳かプラス華やか
「華やかさ」だけではなく「厳かさ」も必要なのが卒業式。ブラックフォーマル スーツやシンブルな黒スーツを着る場合でも、コサージュやネックレスなどの小物で華やかさをプラスすること。寂しい印象にならないようにするのがコツ。

スカートスーツの場合は、中に着るインナーブラウスを華やかにすると、ぐっと素敵になります♪

ストッキング
ブラックフォーマルスーツを着るような場合でも、ストッキングは黒ではなく、「ベージュ系」のもの、よりナチュラルな肌の色に近いものを選びます。これは、入園式や入学式と共通点。寒くてもタイツはダメです。寒い場合は、パンツスーツという手も。

スーツの季節感(生地素材)
卒園式・卒業式が行われる季節は3月。春めいてきてはいるものの、装いのスタイルとしては、「冬」。実際、まだまだ寒い日もあります。通年着られる素材のスーツの他、冬生地といわれるウールやスエード調、ベロア(ベルベット)といった生地のスーツも十分着用可能です。

シースルーや、レース、麻などの春夏生地は避けた方が無難です。レースの部分使いなどは大丈夫です。