卒園式・卒業式スーツ(母親用)の基本

卒業式の母親の服装(洋服の場合)の基本ポイント

卒業式や卒園式のママ(母親)の服装は、準礼装~略礼装と言われています。そして、洋服の場合 「スーツ」が一般的。

より具体的な服装としては、

「スカートスーツ」

「ワンピーススーツ」

「パンツスーツ」 です。

卒業式は、まず「卒業証書授与式」という証書を授与する式典です。なので、本来 (入学式よりも)格式が高く厳粛なセレモニーという性質を持っています。そして、お子様の卒園・卒業を祝うという華やかな「お祝い」の側面の一方で、お世話になった恩師や仲の良い友人との いったん「お別れ」という 側面もあります。

それなので、これから新しい出会いを始める「入学式・入園式」に比べて「華やかでも格式と厳粛さに重点」を置いた服装が良いとされています。それが、卒業式は黒いスーツといわれる由縁でしょう。

卒業式・卒園式のママの服装

黒を基調としたダークな色合いのフォーマル感のあるスーツがおすすめです。地域や学校によってはブラックフォーマル(礼服)が主流というところもあるようです。学校差・地域差がありますので、これは事前に確認しておくといいと思います。

同じ上下黒のスーツでも、ジャケットとスカート(あるいはワンピース)が異素材のもの選ぶと、トレンド感がアップして、ぐっと華やかな印象になります。

なお、ブラックフォーマルを着用する場合は、お葬式のようにならないように、少し華やか目に着こなす工夫が必要です。

卒業式・卒園式 スーツの色は、黒以外なら何を着る?

卒業式や卒園式のママのスーツは、必ず黒でなければならない、というものではありません。けれども、卒業式・卒園式は、黒系スーツを着用される方が圧倒的に多い傾向にあります。黒と言っても幅広く、スカートをがジャケットと異素材であったり、モノトーンのプリント柄であったり、フォーマル以外でも着回しの幅が広がりそうな服装の方も多く見かけます。

黒スーツ以外でも、濃いグレーや濃紺のスーツを素敵に着ていらっしゃるママも見かけます。ダークな色合いならで、場にふさわしい きちんとした雰囲気ならば、大丈夫だと思います。

ちなみに、卒業証書を授与して、送り出す側である学校の先生方は、黒の礼服が目立ちます。男性の先生は黒の礼服に白ネクタイという結婚式に出る服装が印象に強いです。

卒業式・卒園式は、寒さ対策も必要です。寒がりさんは、パンツスーツという選択もありますね。