フォーマルでのストッキングの色について

フォーマルな服装の時は、ストッキングを履くのが基本。そして、喪服を着る時以外は、肌の色に近い自然なベージュのストッキングを履くのがフォーマルでの装いのマナーとされています。

嬉しいフォーマルな席で(子供の卒業式・卒園式やちょっとしたパーティーなど)、黒いスーツなど服装が黒っぽい時にに、ファッション的に黒いストッキングを合わせたいと思うかたもいらっしゃるかもしれません。

でも、黒いストッキングは、「喪」のイメージがとても強いものです。

やっぱり、晴れの場ではベージュの方がナチュラル。

卒業式や卒園式、謝恩会なら普通のストッキング、パーティなどでしたら合わせる小物(バッグ・ストール・靴・アクセサリーなど)によって淡いピンクベージュや少しラメの入ったもの、ワンポイントのラインストーンの入ったものなどをあわせても素敵です。

そういえば、ファッションのサイトなどでも、黒のドレスを着ている場合に ストッキングも黒を合わせているのってほとんど見た事ないですよね!